梅の本場、和歌山県で栽培した梅を使用し、梅干や梅酒、梅加工品を製造販売しております。

和歌山県

石神の梅干 紀州石神邑

和歌山県田辺市上芳養白梅街道391*

梅の郷、紀州石神邑。伝統を守り、「安心」「安全」をお届けします。

和歌山県のちょうど真ん中、田辺市の中心地から約20km東に石神の郷があります。
標高400mの『大蛇峰』を初めとする高い山々に囲まれたこの地は、
紀伊半島にありながら寒暖差が激しく、人が住むには厳しいところですが、
水捌けの良い土壌、燦々と降り注ぐ太陽、黒潮の程良い潮風など梅栽培にとっては理想の地でもあります。

この石神の地で土つくりからお手元までをモットーに、
梅の栽培、加工に励んでおります。

日本一の梅の産地紀州田辺・南部梅の里 石神はその田辺の地にあります。

和歌山県田辺市上芳養 (かみはや)石神

芳養谷を流れる芳養川の上流域、上芳養地区の深部、四方を山に囲まれ、戸数二十戸ほど。

山の中腹を縫うように狭い山道を登ればその昔、平家の落人達が開いた隠れ里と言い伝えられる、紀州梅の産地の一つ、「梅の郷 石神」があります。

山間の地ゆえ平地は少なく、山を切り開き、集落を作り、急勾配の傾斜地に畑を起こし慎ましくこの地に根づいてきました。

田辺藩による荒地でのやぶ梅栽培奨励以後、山を開き、急傾斜地に梅を植え育て四世紀に渡る梅とともに生きた長い歴史が石神の誇りとなり、今に続いています。

長い時間の間には、時流にともない、紀州みかんの栽培が推奨された時があり、下の里では日当たりのよい畑でみかんが盛んに栽培され賑わいをみせていました。

山間地の石神は 昼夜の寒暖差、冬場の低温、日照条件、水利条件など、みかん栽培には適せずただひたすら 梅の栽培を続けてきました。

その厳しい環境条件ゆえに梅を守り続けたことが、今、石神が「梅の郷」といわれるまでになった由縁です。

石神の春は、梅林の開園とともに

石神の春は 梅林の開園とともにやってきます。毎年、梅の花が咲けば、山全体、地区全体まるごとの観梅行事が開催され、地元はじめ京阪神方面からの大勢の観梅客が訪れ、体純白の梅景色と馥郁とした芳しい梅の香りを楽しんでいます。


   満山に 梅の香みちて 邑の春
                      邑傑作句集より


時は移り、代替わりの進む石神の郷も、象徴の急斜面畑でのきつい労働条件の改善と子々孫々に伝えられる豊な畑での梅栽培への転換が課題となり、新しい畑の開墾の計画を立ち上げたのが二〇数年前。

地区民の強い思いが叶い、平成10年より、公共機関と地権者さんの協力を得て、開墾工事が始まり、24haの新梅畑が石神に誕生しました。

石神邑もここに、自社農園 石神梅園を開き 「命あるものみな共に生きる 共生栽培」を実践して新しい梅栽培に取組んでいます。

永き紀州梅の歴史

東風吹かば 匂いおこせよ
        梅の花主なしとて 春なわすれそ
 

と天神様 菅原道真公 が詠んだ歌は梅の定番歌ですが、 これより前 七世紀後半の時代 万葉集の中で梅の花が盛んに歌われています。


食材、梅干として登場するのは平安時代、梅の日(6月6日)の起想ともなる 梅が最初に贈答品として天皇へ献上されたと記述されています。

以来、梅は時代に合わせ、戦国時代には兵糧として薬として重宝され、今に伝わっているのです。

その梅が紀州、田辺近辺で産地栽培されるようになったのは江戸時代初め紀州徳川家の家老 安藤直次帯刀が田辺領下の初代藩主となり、年貢米のとれない やせ地の有効利用として やぶでも育つ梅 やぶ梅 を税の免祖地で奨励栽培したのが始まりです。

以来 四世紀。紀州梅も当初から良質の梅であったわけではなく、栽培方法の研究、品種の改良を重ね、こうして日本を代表する梅、南高梅が登場するのです。

この約400年の、 梅は 日清 日露 第二次大戦 と戦争とともに大きくなったところがあり、昔より兵糧として多く使われてきました。


昭和となり終戦後の経済復興とその変動途中、塩辛く、すっぱい梅干が敬遠され次第に日本の食卓から姿を消し始めたのです。紀州でもそれにとってかわったのがみかんです。

みかんも江戸時代から、梅とともに 紀州ものとして人気を博していました。みかん畑が増える中、もっと良質の梅をと新種の梅を求め、昭和30年代後半に梅と言えば“南高”
南高梅が誕生しました。

その後オレンジ輸入枠の拡大、自由化の影響で、今度はみかん畑が水田が次々と梅畑に様変わりし、梅がみかんにとってかわる状況となり、以後年々梅の栽培量は増加を続けています。
 

グルメブーム、健康ブームとなる中で、品種の改良とともに 梅干自体もその味を改良し、減塩で食べやすく加工した梅干が人気となり、贈答用としての価値も見直されて、ますます梅の需要の裾野が広がっています。

梅を作るものとして わたしたちはこれからもおごることなく、梅干の役割は日本独自の食文化を担う食材の一つとして食卓を守る一品として自らも厳しく厳選されたものでなければと考えています。

石神邑は

 「梅干は蔬菜の漬物とは違う 
  薬用に召し上がってもらうつもりで作っています」

先代店主のこの言葉を礎に 石神邑は梅干を作り続けます。

泰然自若。和歌山県特別栽培農産物認証の良い梅を使った石神邑の梅酒は、季節の移ろいとともにおいしく熟成していきます。

石神邑の梅酒は、すべて有機肥料で育てられ、農薬を半分に減らした香壌栽培で育てられた梅を使用しています。(和歌山県特別栽培農産物認証)
販売開始以来、年々ご愛飲者様が増え、3基ほどでスタートした製造タンクが今では、十数基、でんと座ります。
ずらーっと並ぶ梅酒のタンク、雨の音を聞きながら、心地良い風に当たりながら、暖かな陽射しにぬくもりながら、おいしい梅酒ができあがります。
タンク脇の山肌にはいろいろな花が咲きます。 春には桜があぜやかに、初夏にはササユリが匂いたち、夏は頭から蝉のシャワー。
自然の中で泰然自若、おいしくなれ、おいしくなれ。

モンドセレクション最高金賞受賞

2008年・2009年、2010年、2011年、2012年、5年連続 モンドセレクション 最高金賞受賞!

自社農園で香壌栽培した完熟梅から作られた梅酒のおいしさが認められ、2008年モンドセレクションの最高金賞を受賞しました

個人情報の取り扱いについて

〔個人情報の利用停止について〕
 
お客様の個人情報を当社が利用している場合に、お客様から利用停止のお申し出があった際には、速やかに利用停止の措置をとります。但し、当社の運営上最低限必要な情報については削除できません。
◇18歳未満の方へのお願い
18歳未満の方が、当社のサービスを利用するため個人情報を入力する際は、必ず保護者の方の同意を得て行うようお願いいたします。
◇20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。酒類は20歳未満の方への販売はいたしません。
(株)石神邑は通信販売酒類小売業免許を付与されています。
販売場の名称及び所在地/(株)石神邑 和歌山県田辺市上芳養391番地
酒類販売管理者の氏名/井瀬陽介
酒類販売管理研修受講年月日/令和4年9月3日
次回研修の受講期限/令和7年9月2日
研修実施団体名/田辺小売酒販組合
◇リンク先に関する免責
当サイトでは、お客様のプライバシーを保護するための最大限の努力をすることを約束いたします。ただし、当サイト上にあるリンク先の、第三者企業においては、当サイトの責任範囲外となり、その第三者企業が設定するプライバシーポリシーに準じることとなります。
◇データ送受信における暗号化
当サイトでは、個人情報を入力するページにおいては、第三者から見ることが出来ないようにSSL(Secure Sockets Layer)という暗号化の手法で情報を保護しています。
 当社では、お客様の個人情報保護に関し、上記のように万全を期しておりますが、お客様ご自身におかれましても、情報の管理につきましては十分ご注意いただきますようお願いいたします。当社が今後サービス等を新しく提供する際、上記内容が変更される場合があります。変更時期やその内容についてはこのページ、または同等のページにおいてユーザーにお知らせいたします。



店舗名

石神の梅干 紀州石神邑

店長

野村樹里

企業名

株式会社石神邑

代表者名

〈運営責任者〉濱田朝康(はまだともやす)

営業日

月曜~金曜

営業時間

8時~17時30分

定休日

土曜・日曜・祝日

クレジットカード:商品発送時に課金対象となります。ただし、クレジットカード決裁時の締め日及び引落し日はお客様のご利用されるクレジットカード会社にお問い合わせください。
代金引換:商品受け渡し時
銀行振込:注文後、7日以内
コンビニ決済:注文後、7日以内
Amazon Pay:注文時点で即時に課金対象となります。ただし、Amazon.co.jpにご登録のクレジットカード決裁時の締め日及び引落し日はお客様のご利用されるクレジットカード会社にお問い合わせください。

※予約商品のご注文の際には、注文時点でご請求が発生いたします。商品お届け前のご請求となりますが、予めご了承ください。

クレジットカード決済(JCB・VISA・Master・AMEX・DINERS・Discover)
代金引換
銀行振込
コンビニ決済
Amazon Pay
*商品により支払方法が限定されている場合がございます。予めご了承ください。

1ヶ所につき1万円以上お買い上げ(商品代のみ)で、全国送料無料。
※複数のお届け先がある場合には、1ケ所につきそれぞれ送料がかかります。
※送料は下記の通りです。
5kgまで 九州・四国・本州=550円、北海道、沖縄=880円
一部送料無料商品と一緒に購入頂き、同梱発送で送料無料となります。

  • 送料
    金額は各商品により異なります。詳細は各商品ページをご覧ください。

  • 代引手数料
    代引決済額 代引手数料(税込)
    ~9,999円 330円
    ~29,999円 440円
    ~99,999円 660円
    ~300,000円 1,100円
    300,001円~

    ※30万円以上を超える決済の場合、代金引換はご利用になれません。
    ※代金引換をご利用いただけない商品もございます。

  • 振込手数料
    金額はお客様がご利用の金融機関により異なります。詳細はご利用の金融機関へお問い合わせください。

クレジットカード、代金引換、コンビニ・郵便局振込の場合はご注文後3営業日以内。
銀行振り込みの場合は、入金確認後、3営業日以内に発送いたします。(ただし、初めてお取り引きのお客様は、クレジットカード、銀行振り込み〈前払い〉にてお願いいたします)

ご注文完了後30分間はキャンセルが可能です。キャンセルをご希望の場合、マイアカウントページから、注文履歴>注文詳細へすすんでいただき、[この注文をキャンセル]ボタンをクリックし、キャンセルしてください。
銀行振込、コンビニ払いをご利用のお客様は振込をしなければ自動的にキャンセルとなります。
代引き決済をご利用のお客様は恐れ入りますが注文詳細のお問い合わせフォームよりキャンセルのご希望のお問い合わせをいただけますようお願いいたします。
原則として、キャンセル可能時間(ご注文後30分間)経過後のキャンセルおよび返品、払い戻し等はお受けできませんのでご了承ください。

ただし、当サイトで販売した商品において、不良品であった場合、ご注文いただいた商品と異なると当社または各ショップが判断した場合、返品・交換を承ります。

商品の返品・交換については、ご連絡期限内(※)に、ご注文履歴ページに設置されているお問い合わせフォームから、当社または各ショップまでお申し出ください。

※ご連絡期限
 ご連絡期限は商品により異なります。詳細は各商品ページをご覧ください。商品ページに記載のないものは以下となります。
 ・商品に賞味期限の記載があるものは賞味期限内(ただし、最長で、商品到着後7日以内)
 ・商品に賞味期限の記載がないものは商品到着後7日以内

内容を確認したうえで、返品・交換を承るか否かのご連絡を差しあげます。

不良品であった場合、ご連絡期限以内の返品・交換にかかる送料につきましては、当社または各ショップ負担とさせていただきます。

なお、お客様のご都合の場合や、一度ご使用になった商品、お客様の責任でキズや汚れが生じた商品、また、ご連絡期限を経過した場合については、返品・交換はお受けできませんのでご了承ください。

※商品により、あらかじめ商品ページにおいて返品不可またはキャンセルおよび払い戻し不可の条件をあらかじめ明示した商品については、原則として、お申し込み後の返品、キャンセルおよび払い戻し等はお受けできませんのでご了承ください。
必ず各商品ページにある「返品・キャンセルについて」の項目をご確認のうえ、ご注文ください。

キャンセル手数料について
体験型イベント商品や予約商品に関してキャンセルを希望される場合、所定のキャンセル手数料をいただく場合がありますので、ご了承ください。


本ショップおよび本商品の返品・キャンセル条件について
(こちらに記載がない場合には上記のみ参照ください)

●万一、商品に不都合がございましたら、交換または返品させていただきます。
●返品の際は必ず商品到着後1週間以内に、事前にお電話にてご連絡ください。

お急ぎの方は、営業日8:00~17:30にお電話にてお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル0120-37-0107(石神邑)

土曜、日曜、祝日は休業日です。
【夏季休業のお知らせ】
誠に勝手ながら2024年8月10~8月15日は、夏季休業とさせて頂きます。
休業中に頂きましたご注文、お問合せに関しましては翌営業日に順次対応させていただきます。

注目特集

メルマガの登録が完了しました

OK