こんなのあるんだ大賞2019年
中国・四国
ブロック
こんなのあるんだ大賞2019年

【佐賀県】佐賀新聞社

穂州鯛のしゃぶしゃぶセット

詳細を見る

ブロック予選の評価

ブロック予選の評価

「こんなのあるんだ!」
アピールポイント

◆競争優位性・地域性 一般的な鯛とくらべ、渡邉水産の「穂州(ほしゅう)鯛」は、真鯛本来の甘み、うまみが自慢。佐賀は鯛の消費量1位 (※【総務省】品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(2016~2018)より)。特に佐賀県唐津市は日本有数の漁場である玄界灘に面し、海産物との馴染みが深く、江戸時代には唐津城があり、お殿様への献上物にも鯛が用いられていて、城下にあった魚屋町も共に栄えてきました。

◆ストーリー性 かつて九州では「渡邉ブランド」とも呼ばれるほどこだわりの魚を作っていた2代目社長(現社長の夫)。しかし12年前、志半ばでこの世を去ってしまいました。先代の思いと伝統の技術を今に繋ぐべく、大切に育てた真鯛に2代目・渡邉穂州の名をとり【穂州鯛】と名付けました。創業当時から現場一筋の現社長と4姉妹の娘を含めた従業員が一丸となり、日々誠意をもって取り組んでいます。 【希望】から生まれた穂州鯛が、誰かと誰かの心を結ぶ【ご縁】を深めるものとなりますように。

佐賀新聞社 小島啓示郎
推薦者:佐賀新聞社 小島啓示郎

こいさ、ぜひ応援してくんしゃい!

※方言の表現は佐賀新聞社47CLUB担当者の独自見解によるものです※

【佐賀県】佐賀新聞社

穂州鯛のしゃぶしゃぶセット

詳細を見る

ブロック予選の評価

ブロック予選の評価

「こんなのあるんだ!」
アピールポイント

◆競争優位性・地域性 一般的な鯛とくらべ、渡邉水産の「穂州(ほしゅう)鯛」は、真鯛本来の甘み、うまみが自慢。佐賀は鯛の消費量1位 (※【総務省】品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(2016~2018)より)。特に佐賀県唐津市は日本有数の漁場である玄界灘に面し、海産物との馴染みが深く、江戸時代には唐津城があり、お殿様への献上物にも鯛が用いられていて、城下にあった魚屋町も共に栄えてきました。

◆ストーリー性 かつて九州では「渡邉ブランド」とも呼ばれるほどこだわりの魚を作っていた2代目社長(現社長の夫)。しかし12年前、志半ばでこの世を去ってしまいました。先代の思いと伝統の技術を今に繋ぐべく、大切に育てた真鯛に2代目・渡邉穂州の名をとり【穂州鯛】と名付けました。創業当時から現場一筋の現社長と4姉妹の娘を含めた従業員が一丸となり、日々誠意をもって取り組んでいます。 【希望】から生まれた穂州鯛が、誰かと誰かの心を結ぶ【ご縁】を深めるものとなりますように。

佐賀新聞社 小島啓示郎
推薦者:佐賀新聞社 小島啓示郎

こいさ、ぜひ応援してくんしゃい!

※方言の表現は佐賀新聞社47CLUB担当者の独自見解によるものです※


TOP

※掲載内容は、都合により予告なく変更する場合や、商品が売切れ・掲載終了となっている場合がございます。
 詳細は必ず各商品ページにてご確認ください。