こんなのあるんだ大賞2019年
関東
ブロック
こんなのあるんだ大賞2019年

【神奈川県】神奈川新聞社

披露山ビューティー 潤いカラーリップ

詳細を見る

ブロック予選の評価

ブロック予選の評価

「こんなのあるんだ!」
アピールポイント

三浦半島に位置する逗子市は相模湾に面した漁業の盛んな地域です。日本3大深湾と言われる相模湾は海岸付近でも水深があり、これが潮の流れを独特にして、栄養素とともにたくさんの魚を運んでくれます。そんな豊かな魚場である逗子でアカモクは食用の海藻として扱われず、全長4~7mにまで育って漁船のスクリューに絡みつき、漁を妨げる存在として「邪魔もく」とまで呼ばれていました。

実はアカモクは栄養価に優れ、抗肥満・抗糖尿病効果のある話題の成分フコキサンチンを豊富に含むスーパー海藻であることが分かってきたのです。逗子周辺で邪魔者扱いされていたアカモクは「海のスーパーフード」として一気に脚光を浴び、地元の特産品にしようという声が上がり始めます。2014年には商工会が「逗子発商品開発プロジェクト」を発足。漁業組合や飲食店と協力し、逗子産アカモクの生産と普及へ向けた地元ぐるみの取り組みが本格的に動き出しました。

一方、小坪漁港にほど近い披露山の地に本社を置く「にんじん屋」を運営するTAC21は、昭和45年の創業以来、合成添加物や化学調味料に頼らない「本物」の自然食を製造販売してきました。代表の田耕邦子社長は商工会とのご縁から地元で盛り上がり始めたアカモクを知り、その高い栄養価に注目。大和時代から食され、万葉集でも美の代名詞として「玉藻」と詠まれたほどに水溶性食物繊維のフコイダンをはじめとするミネラル、ビタミン、ポリフェノール、そして話題のフコキサンチンと栄養豊富なアカモクを使い、町おこしの一助になるような商品の開発を思い立ちます。

TAC21が乾燥アカモクで様々な食品開発を行なう中、アカモクに多く含まれるフコキサンチンの潤い効果を多くの方に実感して頂けないかと、アカモクエキスを使った化粧品の開発に着手。地元・披露山の地で育った希少な日本蜜蜂のはちみつも配合し、逗子・披露山の海と山の恵みがたっぷりの化粧品ライン「披露山ビューティー」が誕生。「潤いカラーリップ」にはほんのり色づくベニバナのほか、すべてこだわりの食用成分を使用。天然成分がくちびるに潤いを与えてくれます。

神奈川新聞社	山岡翔平
推薦者:神奈川新聞社 山岡翔平

これだべ!
応援ヨロシク!

※方言の表現は神奈川新聞社47CLUB担当者の独自見解によるものです※

【神奈川県】神奈川新聞社

披露山ビューティー 潤いカラーリップ

詳細を見る

ブロック予選の評価

ブロック予選の評価

「こんなのあるんだ!」
アピールポイント

三浦半島に位置する逗子市は相模湾に面した漁業の盛んな地域です。日本3大深湾と言われる相模湾は海岸付近でも水深があり、これが潮の流れを独特にして、栄養素とともにたくさんの魚を運んでくれます。そんな豊かな魚場である逗子でアカモクは食用の海藻として扱われず、全長4~7mにまで育って漁船のスクリューに絡みつき、漁を妨げる存在として「邪魔もく」とまで呼ばれていました。

実はアカモクは栄養価に優れ、抗肥満・抗糖尿病効果のある話題の成分フコキサンチンを豊富に含むスーパー海藻であることが分かってきたのです。逗子周辺で邪魔者扱いされていたアカモクは「海のスーパーフード」として一気に脚光を浴び、地元の特産品にしようという声が上がり始めます。2014年には商工会が「逗子発商品開発プロジェクト」を発足。漁業組合や飲食店と協力し、逗子産アカモクの生産と普及へ向けた地元ぐるみの取り組みが本格的に動き出しました。

一方、小坪漁港にほど近い披露山の地に本社を置く「にんじん屋」を運営するTAC21は、昭和45年の創業以来、合成添加物や化学調味料に頼らない「本物」の自然食を製造販売してきました。代表の田耕邦子社長は商工会とのご縁から地元で盛り上がり始めたアカモクを知り、その高い栄養価に注目。大和時代から食され、万葉集でも美の代名詞として「玉藻」と詠まれたほどに水溶性食物繊維のフコイダンをはじめとするミネラル、ビタミン、ポリフェノール、そして話題のフコキサンチンと栄養豊富なアカモクを使い、町おこしの一助になるような商品の開発を思い立ちます。

TAC21が乾燥アカモクで様々な食品開発を行なう中、アカモクに多く含まれるフコキサンチンの潤い効果を多くの方に実感して頂けないかと、アカモクエキスを使った化粧品の開発に着手。地元・披露山の地で育った希少な日本蜜蜂のはちみつも配合し、逗子・披露山の海と山の恵みがたっぷりの化粧品ライン「披露山ビューティー」が誕生。「潤いカラーリップ」にはほんのり色づくベニバナのほか、すべてこだわりの食用成分を使用。天然成分がくちびるに潤いを与えてくれます。

神奈川新聞社	山岡翔平
推薦者:神奈川新聞社 山岡翔平

これだべ!
応援ヨロシク!

※方言の表現は神奈川新聞社47CLUB担当者の独自見解によるものです※


TOP

※掲載内容は、都合により予告なく変更する場合や、商品が売切れ・掲載終了となっている場合がございます。
 詳細は必ず各商品ページにてご確認ください。