こんなのあるんだ大賞2017年
東海・近畿
ブロック
こんなのあるんだ大賞2017年

【和歌山県】産経新聞社

鮎ずし

詳細を見る

ブロック予選の評価

ブロック予選の評価

「こんなのあるんだ!」
アピールポイント

鮎ずしは、和歌山県紀北地域で食べられてきた郷土料理。

その中でも、なかむらの柿の葉すし本舗の鮎ずしは、清流・紀の川など、県内の川で獲れた鮎を使い、元々、仕出し料理屋だった中村家に伝わる製法で料理されている。

鮎1尾を素焼きにしてから、きれいな飴色になるまでコトコト煮詰め、見た目に美しく、食感が良くなるように、腹から開いて、シャリに乗せる。

清流育ちの鮎を細かな手仕事で内臓をきれいに取ってから調理しているので、川魚特有の臭みは全くない。

また、甘く濃い目の味付けのため、この一品だけで美味しく食べられるうえ、お酒やお茶に合うお寿司となっていてる。

中村家伝来の『美味しさ最優先』の調理方法を守っているため、その賞味期限は製造後50時間と短い。

これまでは粉河にある店舗で買い求めるしかなく、粉河寺参拝のおりなどに買い求め、その美味しさに魅了された県外の人々にとって『幻の鮎ずし』となっていた。

ネット通販でも賞味期限を変えておらず、製造日に発送、翌日到着時に美味しく食べてもらいたい、との思いから、たとえお届け日時が指定されていても、発送前に必ず電話でお届け予定日時に商品を受け取れることを確認する一手間を惜しまない。

産経新聞社 杉本峻規
推薦者:産経新聞社 杉本峻規

これやで、
応援してな!

 facebookでシェア!

※方言の表現は産経新聞社47CLUB担当者の独自見解によるものです※

【和歌山県】産経新聞社

鮎ずし

詳細を見る

ブロック予選の評価

ブロック予選の評価

「こんなのあるんだ!」
アピールポイント

鮎ずしは、和歌山県紀北地域で食べられてきた郷土料理。

その中でも、なかむらの柿の葉すし本舗の鮎ずしは、清流・紀の川など、県内の川で獲れた鮎を使い、元々、仕出し料理屋だった中村家に伝わる製法で料理されている。

鮎1尾を素焼きにしてから、きれいな飴色になるまでコトコト煮詰め、見た目に美しく、食感が良くなるように、腹から開いて、シャリに乗せる。

清流育ちの鮎を細かな手仕事で内臓をきれいに取ってから調理しているので、川魚特有の臭みは全くない。

また、甘く濃い目の味付けのため、この一品だけで美味しく食べられるうえ、お酒やお茶に合うお寿司となっていてる。

中村家伝来の『美味しさ最優先』の調理方法を守っているため、その賞味期限は製造後50時間と短い。

これまでは粉河にある店舗で買い求めるしかなく、粉河寺参拝のおりなどに買い求め、その美味しさに魅了された県外の人々にとって『幻の鮎ずし』となっていた。

ネット通販でも賞味期限を変えておらず、製造日に発送、翌日到着時に美味しく食べてもらいたい、との思いから、たとえお届け日時が指定されていても、発送前に必ず電話でお届け予定日時に商品を受け取れることを確認する一手間を惜しまない。

産経新聞社 杉本峻規
推薦者:産経新聞社 杉本峻規

これやで、
応援してな!

 facebookでシェア!

※方言の表現は産経新聞社47CLUB担当者の独自見解によるものです※


TOP

※掲載内容は、都合により予告なく変更する場合や、商品が売切れ・掲載終了となっている場合がございます。
 詳細は必ず各商品ページにてご確認ください。