柏屋薄皮饅頭詰合せ30個入

福島県

¥3,240(税込)

(本体価格¥3,000 消費税¥0)



内容量: こしあん15個・つぶあん15個

在庫:

カートに入れる(BTO選択)




この商品をお気に入りに追加


心のふるさと、柏屋薄皮饅頭。

柏屋の創業は、今から160年以上も昔のこと。
柏屋の初代当主・本名善兵衛(ほんなぜんべえ)は、当時としては珍しいこしあんをたっぷり使い、薄い皮とまごころで包んだ饅頭を生み出し、これを「薄皮饅頭」と名づけました。薄皮饅頭は、またたく間に薄皮茶屋の名物として評判になりました。薄皮饅頭と熱々のお茶は奥州街道を旅する人たちの疲れをいやすところとなり、薄皮の評判は各地に広がりました。いつしか旅人たちは、わざわざ遠回りしてでも名物の薄皮饅頭を求めて薄皮茶屋に立ち寄り、みやげとして持ち帰るようになったのです。
160年以上を経た現在、柏屋薄皮饅頭は福島のおみやげとして全国のみなさまに愛されています。


薄皮饅頭、こだわり伝説

【初代】・・・まごころで包む
創業まもない頃、旅姿の一人の男が柏屋を訪ねてきた。
旅人は上州(今の群馬県)のお菓子屋で、ある日、富山の薬売りが
来て饅頭を食べたところ、 郡山の薄皮饅頭とは比べ物にならない・・・  と言われたとか。
そこで、薄皮饅頭の作り方を丁寧に教えて差し上げたが、
1年ほどしてまたやって来た。  「まだ、うまくできません。」
「上州の。お前さんは餡を何で包むんですか?」
「教えの通り、あのようにして作った皮で包んでいるのですが・・・」
「ああ、それだからおいしい饅頭ができないんだ。まごころで包まないとお客様に喜んでいただけない。」
上州のお菓子屋は、この一言に大変感動し、何度もうなづきながら帰って行った。

【二代目】・・・マネはいたしません
家柄とか身分とかが幅をきかせていた明治の頃。
る大地主が二代目当主を呼んで法事の引き菓子を作るよう言った。
条件は、東京のあるお菓子屋と同じ饅頭を作ること。
それに対し二代目は、「薄皮饅頭ならお引き受けしますが、そのお菓子屋のマネはできません」 と、きっぱり断った。
作れ、いや作らない、、、の問答の末、大地主はかぶとを脱ぎ、薄皮饅頭を大量注文した。
当時とすれば村八分(むらはちぶ)覚悟のこと。
お菓子屋としての誇りと薄皮饅頭への愛情が、大地主をうなずかせたのだった。

【三代目】・・・おなかではなく、心をいっぱいにしよう
戦後、日本が復興をはじめた頃の話。
まわりのお菓子屋が、手に入る原料や人口甘味料でお菓子作りを再開する中、柏屋は歯をくいしばり、3年もの間お菓子作りを再開しなかった。
これは、「のれんに恥じるような薄皮饅頭なら作らないほうがまし」との信念からであった。
三代目の妻・香は、
「今はおなかではなく、心をいっぱいにしようね、、、」
とわが子たちに言って聞かせ、良い材料が手に入るまでじっと耐え忍んだ。

【四代目】・・・「饅頭で一生を棒に振る」
ひとりで薄皮饅頭を作ってくれる機械。 四代目にとっては20年来の夢であった。
やがて幾多の困難を乗り越え、世界初の自動包あん機の1号機が完成したが、三代目からの許可は下りなかった。 「まだ手作りのよりうまい薄皮ができない。これではお客様に申し訳ない・・・」
薄皮饅頭づくりの目的はひとつ。まごころを包んで、ひとりでも多くのお客様に楽しんでいただくこと。 機械といえど、そこには常に職人の優れた技術と感性との調和がなければならない。その後、試作をくり返すこと数十回。ついに三代目からの許可が下りた。
四代目は、自動包あん機の開発をはじめ、朝茶会の開催や大萬寿の企画、薄皮手づくり体験の実施など、まさに薄皮一筋に歩んだ。
自らを「饅頭で一生を棒に振る男」と呼んで笑う。

【五代目】・・・「これまでも、これからも」
柏屋にしかできない喜び提案でお客様に楽しんでいただきたいと願う五代目は、創業150周年式典の席上である宣言を行った。
「これまでも」~嘉永五年の創業以来、21世紀の今日まで生かされてきた柏屋。先輩たちが種をまいて大切に育ててくれた花が、今、きれいに咲いています。信用という柏屋の大地にしっかり根を下ろし、天に向かって堂々と咲いています。この花の美しさをお客様に提供できるすばらしさ。先輩たちに感謝いたします。
「これからも」~私たちが今なすべきことは何でしょう。 先輩たちが咲かせてくれた花が美しく咲いているうちに、未来のための種をまき大切に育てること。その繰り返しが次々と新しい芽を出し、いっぱいのつぼみをつけていく。どんな花の種でも芽吹かせることのできる「信用」という名の肥沃な大地をつくること。
喜びのつぼみを「みんなのポケット」にいっぱい詰めて・・・。


商品形態



商品情報

価格 ¥3,240(税込)
原材料名 原材料名
■柏屋薄皮饅頭こしあん
小豆、砂糖、小麦粉、食塩、グリシン、膨脹剤
■柏屋薄皮饅頭つぶあん
小豆、砂糖、小麦粉、オリゴ糖、食塩、グリシン、膨脹剤

保存方法
直射日光及び高温・多湿を避けて保存してください。

その他
本品製造工場では、卵・小麦・乳・そば・落花生を含む商品を生産しております。
内容量 こしあん15個・つぶあん15個
贈答用包装 「のし」対応いたします。ご希望の場合は、注文時にご指定ください。
配送形態 通常配送(常温)
お届け日指定 ご注文日より4日以降の日付をご指定いただけます。
宅配業者 ヤマト運輸
お支払い方法 代金引換,クレジットカード,コンビニ決済(後払)
送料 ●864円
北海道

●650円
東北(青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島)
関東(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木 山梨)
信越(新潟 長野)

●702円
北陸(富山 石川 福井)
中部(静岡 三重 愛知 岐阜)

●864円
関西(大阪 滋賀 和歌山 京都 奈良 兵庫)
中国(岡山 山口 島根 広島 鳥取)

●1,026円
四国(香川 愛媛 徳島 高知)
九州(福岡 佐賀 大分 熊本 長崎 宮崎 鹿児島)

●1,512円
沖縄
返品・キャンセル 商品(食品)の性質上お客様のご都合によるキャンセル・受け取り拒否はご遠慮ください。
万一、お客様のご都合でキャンセルされる場合は、商品代金、送料を併せて請求させていただきます。

前のページに戻る

10,800円で送料無料!

お届け先1件につき10,800円(税込)以上お買上げで送料無料とさせていただきます。※代金引換手数料、コンビニ後払い手数料は別途必要となります。

発送について

通常は1~2日で発送いたします。混み合っている場合は3~4日お待ちいただく場合がございますのでご了承くださいませ。ご指定がある場合には、ご注文日より4日以降の日付とさせていただきます。

日本三大まんじゅう

このたび日本三大まんじゅうと称される「志ほせ饅頭」「大手まんぢゅう」「柏屋薄皮饅頭」が一堂に会し「第1回日本三大まんじゅうサミット」in Fukushimaを開催いたしました。各社が自社商品の歴史や文化、理念など饅頭の素晴らしきを語り、パネルディスカッションや試食会などを通して皆様との交流を深め「日本三大まんじゅう宣言」を採択しました。

賞味期限 製造日より7日間
お届け日指定 ご注文日より4日以降の日付をご指定いただけます。
配送形態 通常配送(常温)

オリジナルサービス

手さげ袋・「のし」・メッセージカード サービス

【のし】ご贈答や、お祝い、仏事、法要に、専用の「のし」をご用意しております。必要な場合は、ご注文時にご指定ください。

【手さげ袋】お手元に届いた商品を個別に入れられるよう、手さげ袋を無料でサービスさせていただきます。必要な手さげ袋の枚数をご注文時にご指定ください。ご注文いただいた商品数が、サービスできる手さげ袋枚数の上限となります。

【メッセージカード】
メッセージカードを無料でご用意いたしております。メッセージカードをご希望の方は、ご注文時にメッセージをご入力ください。(50文字まで)

レビュー

レビューを書く

感想(レビュー)を書くにはログインが必要です。

まだこの商品のレビューはありません

会員規約   投稿ガイドライン

他によく売れている商品

柏屋薄皮饅頭詰合せ30個入

福島県

¥3,240(税込)

(本体価格¥3,000 消費税¥0)



内容量: こしあん15個・つぶあん15個

この商品をお気に入りに追加

在庫:



このページを見ている人が他によく見ている商品



47CLUB おすすめの特集

特集一覧 キャンペーン一覧 無料で応募できるプレゼントキャンペーン 贈りもの弁当 会員登録・メルマガ登録でお得な商品をご購入!
お買い物の手順について

47NEWS(よんななニュース):47都道府県52参加新聞社と共同通信のニュース・情報・速報を束ねた総合サイト


お問い合わせ

47CLUBトップページお買い物の手順よくあるご質問47CLUB企業情報出店のご案内サイトマップ

特定商取引法に関する表記会員規約プライバシーポリシーセキュリティポリシー

【採用情報】 新卒採用 キャリア採用

47CLUB(よんななクラブ)で地方新聞社が認めた地方の名産品・特産品、ご当地グルメをお取り寄せ